新規論説:渡部友一郎=角田龍哉=玉虫香里『弁護士法72条とリーガルテックの規制デザイン(上)』ビジネス法務2023年2月号92-96頁

2021年12月からの研究が形になる喜びと御礼

いつも大変お世話になっております。下記の通り、論説が掲載されました。

《タイトル》

渡部友一郎=角田龍哉=玉虫香里『弁護士法72条とリーガルテックの規制デザイン(上)』ビジネス法務2023年2月号92-96頁

規制改革推進会議でも述べたとおり、2015年と2020年を比較した場合、52.4%の法務部では人員増加が0又はマイナスでした(*)。AI契約書レビューサービスは、法務業務のさらなる「集中と選択」には不可欠であり、その技術的便益を100%享受できるかは、私達の法務部にも重要な問題と考えております。
(*) 米田憲市編『会社法務部[第12次]実態調査の分析報告』(商事法務、2022年)52頁

リーガルテックの日本国内で見つけた研究・論文などを1年間かけて整理した記事が出ております。また先生方や法務部でリーガルテックの議論を、フォローアップされたい際はぜひご高覧ください。本文・脚注に2022年11月までの重要関連論説が網羅されておりますので、調査のご起点としていただければ嬉しいです。

引き続きご指導をどうぞよろしくおねがいします。

リーガルテックと弁護士法 関連記事(本ページを含む関連リンク)

①[報告と御礼] 規制改革推進会議「契約書の自動レビューと弁護士法」(有識者として参加してまいりました)

②新規論説:渡部友一郎=角田龍哉=玉虫香里『弁護士法72条とリーガルテックの規制デザイン(上)』ビジネス法務2023年2月号92-96頁

③新規論説:渡部友一郎=角田龍哉=玉虫香里『弁護士法72条とリーガルテックの規制デザイン(下)』ビジネス法務2023年3月号131-135頁

④新規論説:渡部友一郎「基礎からわかるリーガルテック(11) 規制改革推進会議における弁護士法72条と契約書自動レビューの議論(上)」月刊登記情報63巻1号(2023年)60-66頁

⑤新規論説:渡部友一郎「基礎からわかるリーガルテック(11) 規制改革推進会議における弁護士法72条と契約書自動レビューの議論(下)」月刊登記情報63巻2号(2023年)[掲載予定]

Yuichiro Watanabe, Does AI Contract Review Violate the UPL (unauthorized practice of law) under the Japanese Attorneys Act (Act No. 205 of 1949, as amended)?, JILA (Japan In-House Lawyers Association) Online Journal (2023)

***

過去の論説一覧はこちら

関連する論説などを掲載したリサーチマップ(外部サイト)はこちら


(了)

※記事に関しては個人の見解であり、所属する組織・団体の見解でありません。なお、誤植、ご意見やご質問などがございましたらお知らせいただければ幸甚です(メールフォーム)。s

【夢を叶えたい方へ】そっとおすすめしたい渡部推薦の本

【弁護士の学び直し】心理学学士取得で使った基本書