新規登壇:東京大学 法学部・法科大学院・博士課程 行政法演習「社会のデジタル化に関する行政法/行政のデジタル化に関する法」

東京大学 法学政治学研究科 巽 智彦先生(行政法)

過日、東京大学 法学政治学研究科の巽 智彦先生(行政法)の行政法演習『社会のデジタル化に関する行政法』(学部・大学院・ロースクール合同)の登壇機会をいただきました。Airbnbのインハウス弁護士のお話ではなく、規制改革・デジタル臨調SWG等の観点から、行政法のデジタル化に関する議論を交わしました。 本年、巽先生は、学部での行政法講義をご担当されており、学部・大学院含め、優秀かつ瑞々しい学生の方ばかりでした。巽先生からも伝統的公法学の観点からご示唆を都度頂き、勉強になりました。

22年最後の登壇を終え、改めて、皆様に御礼申し上げます。

***

ご相談・講演のご依頼などはこちらからご連絡を賜れますと幸いです。


(了)

※記事に関しては個人の見解であり、所属する組織・団体の見解でありません。なお、誤植、ご意見やご質問などがございましたらお知らせいただければ幸甚です(メールフォーム)。

【夢を叶えたい方へ】そっとおすすめしたい渡部推薦の本

【弁護士の学び直し】心理学学士取得で使った基本書