今週の登壇:「法律×英語 キャリアアップも同時に狙う3-STEP勉強法 ―法律英単語®シリーズ著者がお悩み解決」(BUSINESS LAWYERS LIBRARY)

BUSINESS LAWYERS LIBRARY 様

世界220万人が参加したEF EPI 2021のレポートによれば、我が国の「英語能力指数」は第78位、能力レベルは「低い」と分析されています。アジアの国で見ても、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、ベトナムがより上位になっています。中学、高校、大学、そして社会に出て法務部門に入った後も英文契約書に悪戦苦闘し学び続ける私達にとっては少し納得がいかないレポートにも見えます。

ところで、私達の英語学習の意欲は高く、英文契約書の書籍やセミナーも数多世の中に存在しますが、なぜ出口なき永遠の迷宮を彷徨うが如く、英文契約書の勉強は「ゴールが無い」のでしょうか。

本講演では、英文契約の知識を向上する役割は他の講義に委ね、大胆に本質に迫ります。すなわち「Google翻訳もある、DeepLもある、英語ネイティブの法務同僚もいる」このような世の中で、苦手な法律英語の勉強をなぜ続けるのかという真の問いに皆様と一緒に立ち向かいます。英文契約書=100%理解して精読という従来のイメージをいったんロッカーに入れ、外資系法務部門で大量の英文契約書や英文ドキュメントと向き合う中で見いだされた「3-STEP 勉強法」を解説します。

公式ウェブサイトはこちらです。

ご相談・講演のご依頼などはこちらからご連絡を賜れますと幸いです。


(了)

※記事に関しては個人の見解であり、所属する組織・団体の見解でありません。なお、誤植、ご意見やご質問などがございましたらお知らせいただければ幸甚です(メールフォーム)。

次回アクセス時は「若手組織内弁護士」でどうぞご検索ください

注目新刊―法務基礎力を自分でつける