個人情報の対価?Facebookは無料だけど、月額サービス料の価値は?

有料なら月額4650円(42ドル)!

米マサチューセッツ工科大学はフェイスブックのサービスの価値を月額42ドルと推計。これを米国のGDPに含めれば、サービス開始から米国のGDPを1.54%押し上げたはずだという。

2018年12月28日付 日本経済新聞1面

GDPを1.54%押し上げたはず、の根拠は?

しかしながら、日本経済新聞の記事にソースが明示されておりません。

The Digital Economy, GDP and Consumer Welfare: Theory and Evidence

調査したところ、「The Digital Economy, GDP and Consumer Welfare:
Theory and Evidence」(Erik Brynjolfsson, Avinash Collis, W. Erwin Diewert, Felix Eggers, Kevin J. Fox)が確認された。同資料は、2018年11月19から20日に米国ワシントン(IMF)で開催された「The Sixth IMF Statistical Forum – Measuring Economic Welfare in the Digital Age: What and How?」で公表されたスライドのようです。

The Digital Economy, GDP and Consumer Welfare: Theory and Evidence

資料のURL(ご研究用)

こちらにご研究用に資料のURLを記載いたします。

日経の記事の狙いとしては、デジタル化で広がる新たな経済の実例を示しつつ、従来の金融政策の限界と課題に光を当てることにあるようです。

(了)

※記事に関しては個人の見解であり、所属する組織・団体の見解でありません。なお、誤植、ご意見やご質問などがございましたらお知らせいただければ幸甚です(メールフォーム)。

記事をご覧いただきありがとうございます、次回アクセスのご案内です:「若手組織内弁護士」でご検索ください。「inhouselaw.org」のURL直打ち も便利でございます。

2020年冬 自習書籍 候補