お知らせ:University of Tokyo School of Law Ventures /東京大学法科大学院同窓会から派生した「ベンチャー部会」

*このコーナー(投稿)は、将来、論文・プレゼンテーション・会議・報告書・国内外の上司・同僚との会話に利用できそうな有意義な定義・データ・リンクを短くまとめたものです*


2019年4月26日(金)、東京大学法科大学院既修5期の重松先生らが発起人になって東京大学法科大学院同窓会の”分科会”のような「ベンチャー東大ロー会(英語名称: University of Tokyo School of Law Ventures / UTSL Ventures)が結成されました。第1回の会合には、全員弁護士でありながら、それぞれ、リーガルテックのファウンダ、ベンチャーキャピタルのマネジャ、米国ユニコーン企業の日本事業の法務を統括する組織内弁護士、国内の大手または新興IT企業のCLO(Chief Legal Officer)や組織内弁護士が集まりました。今後の動向が注目されます。

東京大学法科大学院の同窓会(注:本ベンチャー会は同窓会とは別の任意グループです)については下記FB Pageをご覧ください。なお、FBページへの参加にあたっては同窓会幹事の審査があるとうかがっており、FBの外形上「東京大学法科大学院」のOBOGであることがわかるようにした上で申請が必要とのことです。https://www.facebook.com/groups/857275351286592/


(了)

※記事に関しては個人の見解であり、所属する組織・団体の見解でありません。なお、誤植、ご意見やご質問などがございましたらお知らせいただければ幸甚です(メールフォーム)。

次回アクセス時は「若手組織内弁護士」でどうぞご検索ください

注目新刊―法務基礎力を自分でつける

        

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です