法務エレベータピッチ「イーロンマスク氏とテスラその後」

*このコーナー(投稿)は、将来、論文・プレゼンテーション・会議・報告書・国内外の上司・同僚との会話に利用できそうな有意義な定義・データ・リンクを短くまとめたものです*



あなた「ABC社の社長さんのツイッターまた炎上していましたね。」

女性同僚A「見ました。ABC社の法務部門はお正月からヤキモキしていると思います…なかなか笑えません。そういえば、問題になったツイートといえば、テスラ社のイーロン・マスク氏が米国証券取引委員会(SEC)と和解した後、何か動きがあったかご存知ですか?」

あなた「年末の発表があったと思います。『米国IT大手オラクル会長のラリー・エリソン氏』『米国ドラッグストア大手ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスの人事責任者を務めるキャスリーン・ウィルソン・トンプソン氏』の2人が2018年12月27日付で取締役に就任したようです。SECの求める独立した取締役として、ガバナンス(企業統治)の再構築にあたると思います。」

参照資料:2018/12/30付 日本経済新聞 朝刊

深掘り資料:

  1. 2018年12月28日付テスラ社「Report of unscheduled material events or corporate event [SEC提出資料]」(フォーム8-K)
  2. ラリー・エリソン氏
  3. Kathleen Wilson-Thompson氏

(了)

※記事に関しては個人の見解であり、所属する組織・団体の見解でありません。なお、誤植、ご意見やご質問などがございましたらお知らせいただければ幸甚です(メールフォーム)。

次回アクセス時は「若手組織内弁護士」でどうぞご検索ください

注目新刊―法務基礎力を自分でつける