新規論説:DXによる法務部門・外部法律事務所の2022年以降の展望 会社法務A2Z

新規論説

いつも大変お世話になっております。下記書誌が公刊されました。

《タイトル》

渡部友一郎=宮川賢司「DXによる法務部門・外部法律事務所の2022年以降の展望」会社法務A2Z 2022年3月号(2022年)34−37頁

《リード文》

本稿では、カメラをグッと引いて、法務部門・外部法律事務所という観点から、2022年以降、私達法務を扱う部門及び担当者が着目すべきポイント、具体的には、より大きな付加価値が出せる変化に関して、議論を提起していきたいと思います。末尾では、最終回を迎えるにあたり、本連載共著者である宮川及び渡部から読者の皆様に対して最後のメッセージをお届けします。

私のミッションは『最高のアドバイス(法律に限らない。)をして…喜んでもらう』ことにあり、引き続き、邁進いたします。1年間連載のご愛読ありがとうございました。

***

過去の論説一覧はこちら

関連する論説などを掲載したリサーチマップ(外部サイト)はこちら


(了)

※記事に関しては個人の見解であり、所属する組織・団体の見解でありません。なお、誤植、ご意見やご質問などがございましたらお知らせいただければ幸甚です(メールフォーム)。

次回アクセス時は「若手組織内弁護士」でどうぞご検索ください

注目新刊―法務基礎力を自分でつける