【新規論説】 組織内弁護士から見た電子契約の展望(武蔵野法学15号)

新規論説

いつも大変お世話になっております。2021年3月のフォーラムに関して、拙稿(書き起こし)が下記の通り掲載されました。慶應義塾大学名誉教授 池田真朗 先生(民法)からご指名を頂戴し、組織内弁護士の観点から、電子契約について報告を行いました。

池田先生、改めて、フォーラムでの報告の機会をありがとうございました。身に余る光栄でございました。

過去の論説一覧はこちら、関連する論説などを掲載したリサーチマップ(外部サイト)はこちらです。


(了)

※記事に関しては個人の見解であり、所属する組織・団体の見解でありません。なお、誤植、ご意見やご質問などがございましたらお知らせいただければ幸甚です(メールフォーム)。

次回アクセス時は「若手組織内弁護士」でどうぞご検索ください

注目新刊―法務基礎力を自分でつける